« キイロテントウの越冬 | Main | オビカレハの卵 »

January 29, 2005

ベニシジミの越冬幼虫

benilbenia越冬中のベニシジミ幼虫を散歩中に見つけた。越冬場所は裏の堤防斜面。枯れたススキ、メリケンカヤ、アイアシ、セイタカアワダチソウなどの間に、ベニシジミの食草であるヒメスイバが生えている。ヒメスイバの葉には舐めるような幼虫の食痕が見られる。葉をそっとめくって見ると、うっすらと赤みを帯びた体長10mmぐらいのベニシジミ幼虫が体を丸めていた。今朝見たベニシジミ幼虫写真だけでは寂しいので、以前撮影した成虫の写真も一緒に添付する。

|

« キイロテントウの越冬 | Main | オビカレハの卵 »

Comments

T.Y さん、こんばんは。
飼育中の北海道産ミヤマカラスアゲハが無事に羽化したとのこと、おめでとうございます。この時期に野外でミヤマカラスアゲハを得ることはできませんから、まさに飼育者だけが享受する最高の喜びと感動ですね。北海道産ミヤマカラスアゲハは、♂♀ともに後翅裏面の黄白条が発達していることが地理的変異だとよく言われますが、分子系統解析ではどんな結果がなるのか、とても楽しみです。
          phasmid

Posted by: phasmid | January 30, 2005 10:14 PM

明日から猛烈な寒波襲来とか、野外では虫たちはみな寒さに凍えているところですが、我が家の室内では今日1月30日、今年最初の羽化がありました。K.I. さんからいただいた北海道のミヤマカラスの蛹、色が変わってきてこりゃ大変と思い、午前中にクレモナネットの中へ移したところ、夜にはもう羽化してしまいました。裏面後翅の黄色い帯が太くてあざやかな北国産らしい♂です。

Posted by: T.Y. | January 30, 2005 08:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベニシジミの越冬幼虫:

« キイロテントウの越冬 | Main | オビカレハの卵 »