« オオイヌノフグリ | Main | ヒメアカタテハの蛹 »

February 16, 2005

できそこないのオオカマキリ卵嚢

ookama冬枯れのシーズンには、オオカマキリの卵嚢が目に入りやすい。植栽のツツジ、アベリア、ユキヤナギなどの低木の枝のあちこちで、オオカマキリの卵嚢が見つかる。その中に、形の崩れた卵嚢があった。オオカマキリのメスは、複数の卵嚢を造るが、成虫後期になるほど卵嚢は小さく、形もつぶれ、被覆膜も薄くなるようだ。こんな変形卵嚢でも、孵化するようだが、孵化幼虫数は当然のことながら少ない。

|

« オオイヌノフグリ | Main | ヒメアカタテハの蛹 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference できそこないのオオカマキリ卵嚢:

« オオイヌノフグリ | Main | ヒメアカタテハの蛹 »