« ツマキナカジロナミシャク | Main | シャクナゲとウスバシロチョウ »

April 30, 2005

シロシタホタルガ幼虫

neoremotaそろそろマダラガの幼虫シーズンである。先週の土曜日に引き続き、今日もNeochalcosia remota (Walker, 1854)シロシタホタルガ幼虫観察に行った。幼虫は小さい個体が体長約10mm、大きい個体は約15mmで、クロミノニシゴリ、タンナサワフタギ、サワフタギ(以上ハイノキ科)の花芽や葉芽、葉表、枝上に静止していた。幼虫は隠れ上手なので、この時期に数十頭見つけるには根気がいる。私は叩き網による幼虫採集がきらいで、ひとつひとつ目視で幼虫を見つけるのが好きだ。叩き網採集は効率的だが、幼虫の行動が観察できないからだ。

シロシタホタルガの幼虫は黄色と黒色、赤色の派手な模様を持ち、警戒色とも言われるが、野外で太陽光に照らされると、植樹の葉や花芽の黄緑色に絶妙に同調し、遠くからだと意外に目立たない。シロシタホタルガの色彩は、隠蔽と警戒という相反する効果を併せ持ち、まさしく自然のなせる芸術技である。

他のマダラガ科蛾類と同様、本種は幼虫時代に青酸配糖体を生合成し、体内に蓄積する。本種幼虫を手でつかむと、背上の突起から玉のような粘性のある液が分泌され、悪臭を放ち、捕食性天敵への防御効果を持つ。幼虫時代に蓄積された青酸配糖体は蛹、成虫、卵の各ステージにおいて防御物質として保持される。
なお、本種の学名は講談社の日本産蛾類大図鑑では、Chalcosia remota Walker, 1854 とされているが、その後分類再検討の結果、新属 Neochalcosiaの下に置かれている(Yen & Yang,1997)。
写真はクロミノニシゴリに静止するシロシタホタルガ中令幼虫 2005年4月30日名古屋市で撮影

|

« ツマキナカジロナミシャク | Main | シャクナゲとウスバシロチョウ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シロシタホタルガ幼虫:

« ツマキナカジロナミシャク | Main | シャクナゲとウスバシロチョウ »