« アメリカシロヒトリの幼虫 | Main | ルリチュウレンジ »

June 17, 2005

白い壁に止まるフサヤガ

fusa3帰宅して鍵を開けようとしたら、ドアの上の白い壁にこげ茶色の蛾が尾端を上げて止まっていた。こんな止まり方をするのはフサヤガかコフサヤガに違いない。早速デジカメを取り出したが、背が届かない位置に静止しているため、うまく撮影できない。前翅長20mm弱ぐらいで、Euteria clarirena Sugi フサヤガらしい。本種は年多化性の蛾で成虫越冬するため、ほぼ一年中見られる普通種である。幼虫はヌルデ、ヤマハゼ、ヤマウルシなどを摂食することが知られている。近似種Eutelia adulatricoides (Mell, 1943) コフサヤガの幼虫はウルシ科以外にもクヌギ科、マンサク科植物を摂食する。自宅付近ではコフサヤガの幼虫は9月にウバメガシで見られることが多い。
fusal5

写真:フサヤガ成虫 2005年6月17日名古屋市で撮影
    ヤマウルシに寄るフサヤガ終令幼虫 2005年5月21日 愛知県鳳来町で撮影

|

« アメリカシロヒトリの幼虫 | Main | ルリチュウレンジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白い壁に止まるフサヤガ:

« アメリカシロヒトリの幼虫 | Main | ルリチュウレンジ »