« ヒメジオンで吸蜜するキタテハ | Main | 世界のホソガのカタログ »

June 11, 2005

ブドウスカシクロバの幼虫

budonobudo私は落葉ツル性植物が好きで、青々した葉やツルを見ると元気になる。特にブドウ科植物は大のお気に入りだ。裏の堤防にはノブドウとエビヅルが生えている。先日ぼんやりとノブドウを見ていたら、葉がひどく食害されている。何気なく葉をめくってみたら、体長10mmほどの黄色の幼虫がいた。ブドウスカシクロバ(マダラガ科)の幼虫である。本種幼虫はブドウ、ノブドウ、エビヅルなどブドウ科植物を摂食する。成虫は年1化で、平地では5月に出現。黒くハエのように見えるが、ハエよりもゆっくり飛ぶのでわかる。黒い翅は青緑色に輝き、小型ながらシックな蛾である。幼虫は6月に出現し、7月上旬までに営繭する。

写真:ブドウスカシクロバ幼虫と食害されたノブドウ 2005年6月8日 名古屋市で撮影

|

« ヒメジオンで吸蜜するキタテハ | Main | 世界のホソガのカタログ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブドウスカシクロバの幼虫:

« ヒメジオンで吸蜜するキタテハ | Main | 世界のホソガのカタログ »