« 八ヶ岳南麓めぐり(前編) | Main | ダキバアレチハナガサを訪れる虫たち »

July 14, 2005

八ヶ岳南麓めぐり(後編)

tsunoao夜中にバンバンと叩きつけるような激しい物音がするので、目が覚めた。屋根を打ちつける雨音だった。昨日は思いのほか好天だったが、今日は一日中雨だなと思い、再び深い眠りに。午前7時起床。朝食の準備を済ませた後、雨が小止みになったので、母と一緒に付近を散策することにした。コテージのすぐ前のミズナラを見ると、葉にスズキシャチホコの終令幼虫がいた。珍しい種ではないが嬉しい。ついでササの葉上に夜露に濡れた青緑色のツノアオカメムシが輝いている。これも高原では普通種だが、いいものだ。ふと横を見ると、ザトウムシ(イラカザトウムシ?)がアリを捕食している。いつ見ても面白い姿をしている。どうせ今日は雨だからと、ゆっくりして午前11時にチェック・アウトする。


zatoところがフロントを出たとたんに雨が止み、日が差し始めた。そこで甲斐小泉駅の方へ降りて、15年前にヒメシロチョウやベニモンマダラ幼虫を採集したことのあるポイントへ寄ってみた。そこは外来植物が繁茂して、クサフジはわずか数本見られる程度だった。確か1991年に再訪した時、宅地造成されて赤土がむき出しになっていた。跡地はその後の長い不況のためにそのままになっていたが、植物相はすっかり変わっていた。これでは、クサフジを食餌植物にするヒメシロチョウやベニモンマダラの生息は困難である。あきらめて、近くのコナラを見ると葉裏にクロテンシャチホコ幼虫が静止している。珍しいシャチホコではないが、少なくとも自宅周辺では見られない種である。kuroten

もっともっと虫探しをしたかったのだが、同行の家族の意向もあってJR小海線にほぼ平行した道を走ると、「パイの家エム・ワン」という看板が見える。良さそうな店なので入ってみると、アップルパイもゼリーもジャムも見るからに美味しそうな顔をしている。試しに買ってみたら、いずれも絶品。特にアップルパイは値段も安く、パイ地がしっとりと柔らかくアップルがぎっしり詰まっていた。良い土産が手に入って機嫌を直したところで、そろそろ昼食を何処かで取ろうということになった。といっても、いつも行き当たりばったりで、およそ計画性の無い私には全く心当たりが無い。そうこうしているうちに天女山入り口近くまで来てしまう。すると、たくさんの車が駐車している店がある。ふうん、これだけ人が集まるのだから、いい店かもなあ。まあ、覗いてみよう。特に綺麗でも新しいわけでもないが、妙にくつろげる雰囲気の店だ。テラスでゆっくりとお茶を飲んでいると、聞き覚えのある声がする。よく見るとテラスの端にいるのは自然番組でおなじみの柳生博さんだった。知らずに入ったのだが、柳生さんの経営する「八ヶ岳倶楽部」だったらしい。テラスにはヤマキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、ギンボシヒョウモンが飛び交い、大変楽しい処であった。

心和む場所でゆっくり過ごした後、清里の清泉寮へ寄ってみた。清泉寮は平日とは思えないほど人が多かった。ソフトクリームを食べながら庭園を散歩すると、ノリウツギの花にクルマスズメ、アカバキリガ、カバキリガの幼虫がいた。こんな普通種はありがたくないが、コエゾゼミは嬉しかった。パン工房へも立ち寄り、ミルクパンとオリーブの実が入ったパンを買った。ミルクの味が濃厚で、もっと買えばよかったと後悔するほど美味しいパンだった。空は晴れわたり、爽やかな風が心地よいので、帰りがけにまきば公園へ。牧場が一望でき、広大な八ヶ岳の裾野を満喫した。

tsuga
八ヶ岳高原道路を走る途中、昆虫採集に良さそうなポイントはないかと思ったが、チョウが飛んでいる絶好地は駐車しにくく、なかなか思いどおりにいかなかった。時間は午後4時をまわっていたが、まだ明るかったので、駐車しやすい場所で止まり、林道へ入ってみる。ヤマボウシがあるなと思ったら、アゲハモドキが飛び出す。クリの花の周りをヒロバトンボエダシャクが群飛している。近くには食餌植物のツルウメモドキがあった。その枝にはツガカレハの雌雄が向かい合って交尾中だった。ミズキもあったが、そこそこの食痕で、丸坊主というようなことはなかった。山梨県北杜市の雑木林にはミズキが所々に見られるが、キアシドクガが大発生したような形跡は私が見た限りでは無かった。八ヶ岳高原は昆虫の生息密度が高く、自宅周辺とは違ってすぐ昆虫が見つかる。植物も多様で面白い。このままずっと高原で虫さんと遊びたいなあと思い、家へ帰りたくない気分だった。

写真:2005年7月12日 山梨県北杜市大泉町谷戸で撮影
     上: ツノアオカメムシ      
      中: ザトウムシ
     下: クロテンシャチホコ幼虫
        交尾中のツガカレハ

|

« 八ヶ岳南麓めぐり(前編) | Main | ダキバアレチハナガサを訪れる虫たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八ヶ岳南麓めぐり(後編):

« 八ヶ岳南麓めぐり(前編) | Main | ダキバアレチハナガサを訪れる虫たち »