« ハチに擬態するヒメアトスカシバ | Main | アベリアで吸蜜するイチモンジセセリ »

July 07, 2005

キョウチクトウを食べるシロマダラノメイガ

shiromadaralshiromadara2今朝キョウチクトウの葉を見ていたら、一枚の葉に蛾のシルエットが映っている。どうやら葉裏に蛾が止まっているらしい。葉を少しづつ動かして裏を見ると、白地に茶色の模様がある小さなノメイガがいた。Glyphodes sp.シロマダラノメイガ(ツトガ科)である。年2回の発生。幼虫はガガイモ(ガガイモ科)やキョウチクトウ(キョウチクトウ科)を摂食。自宅周辺では毎年6月頃と9月頃に出現する。なお、本種の学名はまだ定まっていない。adult

写真:シロマダラノメイガ終令幼虫(2000年7月9日)と老熟幼虫(2005年7月5日) 
   同種成虫 2005年7月7日 名古屋市で撮影

|

« ハチに擬態するヒメアトスカシバ | Main | アベリアで吸蜜するイチモンジセセリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キョウチクトウを食べるシロマダラノメイガ:

« ハチに擬態するヒメアトスカシバ | Main | アベリアで吸蜜するイチモンジセセリ »