« 夏のウラギンシジミ | Main | ゴマダラチョウの蛹化 »

August 16, 2005

クヌギハマルタマフシ

kunugi裏の河川敷にはクリの木が生えている。そのクリの木の葉表には赤い玉が多数付いていて、まるで実のように見える。Aphelonyx acutissimae Monzen(1953) クヌギハマルタマバチ(タマバチ科)の単性世代が形成したゴール(Gall  虫こぶ・虫えい)で、クヌギハマルタマフシと呼ばれる。ゴールの中には クヌギハマルタマバチの幼虫がいる。ゴールとは、ゴール形成生物の何らかの刺激によって寄主(Host)になる植物の細胞・組織が増殖・肥大し、植物の部位に生じる変形の総称である。

タマバチ類は単性世代(単為生殖を行う世代)と両性世代(雌雄の受精により次世代を産する世代)を交互に繰り返し、世代毎に別のゴールを形成するものがいる。本種も単性世代と両性世代のゴールは異なり、両性世代のゴールは、クヌギハナコケタマフシと呼ばれる。寄主はクヌギ、アベマキ、クリ。

写真:クリに形成されたクヌギハマルタマフシ 2005年8月16日 名古屋市で撮影

|

« 夏のウラギンシジミ | Main | ゴマダラチョウの蛹化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クヌギハマルタマフシ:

« 夏のウラギンシジミ | Main | ゴマダラチョウの蛹化 »