« 青く輝くタケノホソクロバ | Main | 鳥糞を吸汁するイチモンジセセリ »

August 26, 2005

ニオイゼラニウムを食むアオドウガネ

nioi昨日は台風が接近する中、東京へ出張した。JR大森駅を出たとたん、ミンミンゼミの鳴き声で迎えられた。東京はやはりミンミンゼミが多い。ふと花壇を見ると、虫除け効果があるとされるニオイゼラニウムの葉に食害の跡が見える。葉をより分けてみると、例のアオドウガネが2頭いて、雨にぬれながらニオイゼラニウムの葉を摂食中であった。自宅周辺でもニオイゼラニウムの葉がひどく喰われているのを見たことがあるが、あれもひょっとしてアオドウガネの仕業だったのかもしれないと思う。花壇の側にはササが植栽されていて、乾燥した環境に強いタケノホソクロバ幼虫の食痕が多く見られた。成虫もひょっとして発生していたのかもしれないが、雨足がひどくなったので、確認する暇は無かった。

仕事の後、八重洲ブックセンターへ寄って、『素数ゼミの謎』と『タケ・ササ図鑑』を買って午後4時ごろの新幹線で戻った。熱海を通過した頃には天候はひどくなっていて無事帰れるものやら心配だったが、幸い定刻どおりに電車は名古屋駅に到着した。せっかく東京に来たのだから、丸善日本橋店へも寄りたかったのだが、台風の接近状況を考えて泣く泣く止めて正解だった。もう1時間遅かったら、浜松駅あたりで足止めされていただろうから。

写真:ニオイゼラニウムを後食するアオドウガネ 2005年8月25日 東京都品川区南大井で撮影

|

« 青く輝くタケノホソクロバ | Main | 鳥糞を吸汁するイチモンジセセリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニオイゼラニウムを食むアオドウガネ:

« 青く輝くタケノホソクロバ | Main | 鳥糞を吸汁するイチモンジセセリ »