« ゴマダラチョウの蛹化(野外編) | Main | ヤマトシジミの交尾 »

August 20, 2005

イチモンジセセリとキマダラセセリ

ichi0820河川敷を歩いていると、ハイカーの間で「今日は涼しいですね」という言葉が朝の挨拶がわりに交わされる。例年お盆を過ぎると、朝夕に吹く風が心なしか爽やかに感じられるものだが、今朝は特にそう感じた。川風に身を任せながら歩いていると、ヤブカラシの葉上にイチモンジセセリの姿がある。ここ数日イチモンジセセリの個体数が増え、あちこちで見かけるようになっている。早速その姿をカメラに収めようとして、数枚撮影後に接写モードに切り替えたとたん、イチモンジセセリはさっと飛び去ってしまった。次に見つけた個体は葉上でじっとしているので喜んでいると、今度はデジカメの電池切である。電池をセットし終えた時にはイチモンジセセリの姿はとうに消えていた。


kimadara0820bkimadara0820あまりのタイミングの悪さにがっかりしていると、すぐ目の前にキマダラヒカゲが止まっているではないか。敏捷なチョウだが、朝早かったせいか多少動きが悪く、おかげでその姿をカメラに収めることができた。この後、他の場所でもキマダラセセリを2頭見た。キマダラセセリは名古屋市では年2回の発生で、今朝の成虫は第2化である。幼虫の食餌植物はススキである。朝風の涼しさといい、イチモンジセセリの個体数増加、2化目のキマダラセセリ出現といい、野には秋の気配が感じられた。


写真: ヤブカラシに静止するセセリチョウ 2005年8月20日 名古屋市で撮影
    Parnara guttata guttata (Bremer & Grey, 1853) イチモンジセセリ
    Patanthus flavus flavus (Murray, 1875) キマダラセセリ
    
アベリアで吸蜜するイチモンジセセリ

キマダラセセリの吸蜜    

|

« ゴマダラチョウの蛹化(野外編) | Main | ヤマトシジミの交尾 »

Comments

ちたばさん、こんばんは。

リンクはどうぞご自由にお張り下さい。
イチモンジセセリの幼虫は、ちょっとした空き地のススキの葉にも見られますね。私も近所で幼虫を採集したことがあります。

Posted by: Phasmid | August 21, 2005 01:25 AM

こんにちは。
我が家の駐車場の端のところに毎年イチモンジセセリの幼虫が来るんですよ。昨冬は幼虫での越冬を確認しています。昨日は卵を発見しました。白いのや黒いのやいろいろありました。小さな個体はいっちょまえに「つと」を作っていました。
http://www.geocities.jp/sweethomegreen3891/
お願いがあるのです。当方のHPからここへのリンクを張らせていただきたいのですが。よろしいでしょうか。

Posted by: ちたば | August 20, 2005 07:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イチモンジセセリとキマダラセセリ:

« ゴマダラチョウの蛹化(野外編) | Main | ヤマトシジミの交尾 »