« ニオイゼラニウムを食むアオドウガネ | Main | アリが用心棒のツバメシジミ幼虫 »

August 28, 2005

鳥糞を吸汁するイチモンジセセリ

ichimoji今日は夏休み最後の日曜日だ。ツクツクボウシの鳴き声を聞きながら観察コースを歩いていると、ヤブカラシの葉上にイチモンジセセリの姿を見つけた。いつも人が近づくと僅かな気配でもすぐ察知して飛び去るイチモンジセセリ。ところが今朝に限って葉上を動こうともしない。よく見ると、イチモンジセセリは葉上の鳥糞に寄っている。腹端を鳥の糞に付着させるようにしては糞に長い口吻を差し入れているのだ。どうやら鳥の糞を自分の排泄物で溶かして吸汁する「吸いもどし」行動らしい。チョウの成虫が腐果や鳥獣糞、死骸で吸汁する例は決して少なくないし、イチモンジセセリについてもそうした報告例はある。しかし、イチモンジセセリの吸いもどし行動の現場を見たのは今日が初めてだった。自分にとっての発見がまたひとつ増えたことが何よりも嬉しかった。

写真:2005年8月28日 イチモンジセセリ 名古屋市で撮影

参考文献:福田晴男・浜栄一他(1984)『原色日本蝶類生態図鑑(IV)』 保育社

|

« ニオイゼラニウムを食むアオドウガネ | Main | アリが用心棒のツバメシジミ幼虫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鳥糞を吸汁するイチモンジセセリ:

« ニオイゼラニウムを食むアオドウガネ | Main | アリが用心棒のツバメシジミ幼虫 »