« トビイロスズメとツチイナゴの幼虫 | Main | 日本一の「虫屋の女房」の自伝 »

September 13, 2005

ヒメジュウジナガカメムシの羽化

himejuji09139月3日にガガイモに群生するヒメジュウジナガカメムシ幼虫について書いたが、9月12日朝、幼虫はガガイモの葉上で摂食を休止して集団で静止していた。いつもは近付いただけで分散する幼虫だが、この日は葉を揺すっても離散しなかった。さきほど幼虫の様子を確かめに行ったら、ほとんどの個体が羽化していた。なかには体色の淡い羽化したての成虫もいた。成虫の動きはすばやく、葉にわずか触れただけで葉裏や別の葉にさっと移動してしまう。面白いことに周りにはガガイモが所々に生えているのだが、ヒメジュウジナガカメムシが群生しているのは一箇所だけだ。そこはまとまった株数のガガイモが生育していて、毎年ほぼ同じ場所にヒメジュウジナガカメムシは出現する。母虫は子虫が餌に不自由しないように産卵場所を正確に選んでいるらしい。

写真:羽化したばかりのヒメジュウジナガカメムシ 2005年9月13日午後5時30分 名古屋市で撮影

ヒメジュウジナガカメムシ幼虫

|

« トビイロスズメとツチイナゴの幼虫 | Main | 日本一の「虫屋の女房」の自伝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヒメジュウジナガカメムシの羽化:

« トビイロスズメとツチイナゴの幼虫 | Main | 日本一の「虫屋の女房」の自伝 »