« ウラナミシジミの交尾 | Main | タケノホソクロバを捕獲するハナグモ »

September 03, 2005

ヒメジュウジナガカメムシ幼虫

gagaimohimejuji裏の河川敷ではお盆前に草刈が行なわれたが、早くもヤブカラシ、ヨモギ、ガガイモ、カタバミの若葉が顔を見せ始めている。例年この時期には、ガガイモの若葉に、Tropidothorax belogolowi (Jakovlev) ヒメジュウジナガカメムシの幼虫がたくさん見られる。赤色に黒色の模様のある派手な幼虫で集団で群生する。葉表にも葉裏にもいるが、触るとすぐ集団で他の葉へ移動する。乾燥した草むらを好み、近似種Tropidothorax crucigar(Motschulsky) ジュウジナガカメムシと同様にガガイモ科植物を寄主にする。成虫越冬のようで、早春に草むらで成虫を見ることがある。

写真:ヒメジュウジナガカメムシに吸汁されたガガイモの葉と同種幼虫 2005年9月1日 名古屋市で撮影

|

« ウラナミシジミの交尾 | Main | タケノホソクロバを捕獲するハナグモ »

Comments

おぉ、これはグンバイムシとかヒメヨコバイと同じ典型的な柔組織破壊吸収者の食痕ですね。ナガカメムシもそういう食性だったんですね。

Posted by: ウミユスリカ | September 04, 2005 06:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヒメジュウジナガカメムシ幼虫:

« ウラナミシジミの交尾 | Main | タケノホソクロバを捕獲するハナグモ »