« ヤニサシガメの越冬 | Main | クリオオアブラムシ »

December 14, 2005

マエアカスカシノメイガ

maeaka121405maeaka今日は遅くまで仕事で虫には出会えないと思いながら職場へ足早に歩いていたら、玄関脇の植込みでPalpita nigropunctalis (Bremer, 1864) マエアカスカシノメイガを見つけた。どうやら門灯に誘引されて飛来し、朝まで止まっていたらしい。ありふれた普通種だが、半透明の白い翅が美しいノメイガである。年多回発生で、冬でも成虫や幼虫を見ることができる。幼虫の食餌植物はイボタノキ、キンモクセイ、ネズミモチなどのモクセイ科植物であるが、自宅周辺ではネズミモチ、トウネズミモチで本種幼虫を見ることが多い。ヒイラギ、ヒイラギモクセイ、キンモクセイにも幼虫は寄生するが、前2種ほど利用頻度は高くないようだ。ともあれ、朝一番に虫を見つけると、いっぺんに元気になる。

写真:マエアカスカシノメイガ 2005年12月14日 名古屋市で撮影

|

« ヤニサシガメの越冬 | Main | クリオオアブラムシ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マエアカスカシノメイガ:

« ヤニサシガメの越冬 | Main | クリオオアブラムシ »