« アカボシゴマダラ幼虫飼育 | Main | 越年したアメリカシロヒトリ幼虫 »

January 10, 2006

フユシャク一年生

usubafuyu011006chabane011006今年の冬はフユシャク探しにすっかり凝っている。樹皮そっくりのメスを探したり、枯葉の間や樹皮裏に隠れているオスを見つけ出すにはかなりの労力を要するが、それゆえに「発見の喜び」も大きい。これまでにもフユシャク採集をしたことはあったが、この冬ほど集中的にフユシャクを観察したことはなかった。毎日のように観察を重ねるうちに、フユシャクの面白さと奥行きの深さを知り、思わぬ儲けものをしたような気がする。遠出せずに職場の裏や自宅近くでフユシャク観察ができるというのもありがたい。あれほど見つからなかったメスも慣れてくると面白いほどよく見つかるようになる。こんなに個体数が多かったのかと驚くほどだ。

konami010906mkonami010906f今日は良い天気だったので、正午頃に職場の裏の雑木林を歩いてみた。ソメイヨシノの樹幹を見たが、メスは見つからなかった。あきらめきれずに樹皮の割れ目の裏側を覗き込むと、奥にウスバフユシャクのオスが静止していた。こんな巧みな隠れ方をされては、もう少し周りが暗かったらきっと見過ごしていたに違いない。この後近くのアベマキでクロスジフユエダシャクのメスを見つけた。最近クロスジフユのメスは「またか」と思うほどよく見つかるので、どうも有り難味がない。もっと別のフユシャクを見たいと思い、午後3時過ぎに別の雑木林へ行ってみた。すると、コナラの樹幹でErannis golda Djakonov, 1929 チャバネフユエダシャクのメスが見つかった。黒白のブチの大型種だが、これが意外に目立たない。産卵を終えた個体らしく腹部はペチャンコだった。嬉しくてカメラを持つ手が震えたので、ピンボケ写真になってしまった。なお、昨日はOperophtera brunnea Nakajima, 1991 コナミフユナミシャクの雌雄を見つけた。フユシャクに関してはまだよちよち歩きの一年生だが、春が来るまでには上級生になりたいものだ。

写真:上段 左(ウスバフユシャク♂) 右(チャバネフユエダシャク♀) 2006年1月10日 名古屋市で撮影
    下段 左(コナミフユナミシャク♂) 右(コナミフユナミシャク♀) 2006年1月9日     同上

|

« アカボシゴマダラ幼虫飼育 | Main | 越年したアメリカシロヒトリ幼虫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フユシャク一年生:

« アカボシゴマダラ幼虫飼育 | Main | 越年したアメリカシロヒトリ幼虫 »