« 越冬するカメムシ3種 | Main | チャバネフユエダシャクのメス »

January 19, 2006

ウスバフユシャクのメス

usubafuyufこのところウスバフユシャクの♂成虫が昼間飛ぶ姿や、夜間灯火に飛来するところをよく見かける。ところが、メス成虫の方はなかなかお目にかかれなかった。ウスバフユシャクのメスは体長10mm前後のものが多く無翅である。クロスジフユエダシャクのように短い翅でもあれば、白っぽく見える翅が目立つので、探す時の目安になる。しかし、翅が全く無いウスバフユシャクのメスの場合、灰黒色の体は全く背景の樹皮に同化してしまい、見つけるのは更にむつかしくなる。今年はもう見つからないかな、と半ばあきらめ気味だった。こんな普通種のメスが見つけられないなんて残念だと思いながら、今日何気なくケヤキの剥がれかけた樹皮を覗きこむと、そこに白く黴びたような虫の姿があった。体長9mmほどのウスバフユシャクのメスだった。白っぽく写ってしまったが、実際はもっと濃い灰黒色をしている。昆虫は何でも最初の1頭を見つけるのが一番大変だ。1頭見つけさえすれば、後は楽に見つかる。私は上機嫌だ。
写真:ウスバフユシャク♀ 2006年1月19日 名古屋市で撮影

ウスバフユシャク

|

« 越冬するカメムシ3種 | Main | チャバネフユエダシャクのメス »

Comments

Phasmidさん、とうとう私もキャンパスでウスバフユシャクを見つけました。オスですが。ブログ見てください。本当はトラックバックしたいのですが、やり方がよくわからないので、このページへリンクしました。

Posted by: T.Y. | January 21, 2006 03:11 PM

キャー!!とうとうウスバフユシャク♀ですね。嬉しいです。今シーズンはもう諦めたのですが、来シーズンは捜してみようと思います。それにしても見つけ出したPhasmidさんを尊敬してしまいます。♂も見つけていますよね。羨ましいです。鳥もそうですが雌雄両方見つけるという事は本当に嬉しい事だと思います。ますます春が待ち遠しくなりました。

前にご紹介して頂いた「気象と昆虫」がやっと届きました。同じシリーズで「渡り鳥と地球温暖化」というのを見つけたので早速注文しました。面白い本を教えていただきありがとうございました。とても興味深いないようです。

Posted by: ブトボソ | January 20, 2006 02:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウスバフユシャクのメス:

« 越冬するカメムシ3種 | Main | チャバネフユエダシャクのメス »