« 毛虫と一緒のアミメクサカゲロウ | Main | ウスバフユシャクのメス »

January 16, 2006

越冬するカメムシ3種

kusagia011506昨日は大変暖かい日だったので、久しぶりに雑木林へ昆虫観察に出かけた。気温が高いせいか、いつもは樹皮裏などに身を潜めているナミテントウやカメムシ達が表に出て来て活発に動いていた。まず目に付いたのはソメイヨシノの古木の幹に止まるクサギカメムシであった。ダイズ、ササゲなどのマメ類やミカン、カキ、ウメ、ナシ、リンゴ、モモ、サクランボ、ビワなどの果樹を吸汁する害虫として知られる。カメムシの仲間には冬季に家屋に侵入して集団越冬する種がいる。スコットカメムシ、マダラナガカメムシ、ヨツモンカメムシ、マルカメムシ、クサギカメムシなどは秋になると家屋内に侵入して越冬し、悪臭を放つために不快害虫として嫌われている。その具体的被害とは、カメムシが浴槽の中に落ちる、食物に飛び込むなどである(川沢哲夫、川村満 1977 『カメムシ百種』全国農村教育協会)。スコットカメムシは大群で山間の旅館や山小屋へ押し寄せるので、東北地方ではスコットカメムシのために秋と春に休業を余儀なくされる観光地もあるとか。クサギカメムシはスコットカメムシよりも低山地の家屋内に侵入して集団越冬するようだ(藤崎憲治 2001『カメムシはなぜ群れる?離合集散の生態学』 京都大学出版会)。
写真:Halyomorpha halys (Stael) クサギカメムシ 2006年1月15日 名古屋市で撮影 

ushikame011506次に目に付いたのは、クヌギの樹幹に止まるウシカメムシであった。まだ昆虫採集を始めたばかりのころ、私はウシカメムシを珍しい種だとばかり思い込んでいた。「月刊むし」誌上に「ウシカメムシを採集」などと写真入りの短報が掲載される度に羨ましい思いがしたものだ。後に自宅周辺で何度も見るようになり、本種が普通に見られるカメムシであることを知った。とはいえ、牛の角のように突出した前胸背側角は大変格好が良く、未だに見つけると興奮するカメムシである。アセビ、シキミ、サクラ、ヒノキ(友国雅章 1993 『日本原色カメムシ図鑑』全国農村教育協会)、ナツミカン、クリ、アケビ(『カメムシ百種』)で採集されているようだが、私はアラカシ、ツタ、ヘデラの葉上で採集している。
写真:Alcimocoris japonensis (Scott) ウシカメムシ 2006年1月15日 名古屋市で撮影 


tsuyaao011506最後にアベマキの樹幹で見つけたのはツヤアオカメムシであった。ツヤアオカメムシはミナミアオカメムシやアオクサカメムシと大変よく似ている。写真だけでは識別がつきにくいために採集して『カメムシ百種』に掲載されている識別点に従って調べた。その結果、1)触角の第3.4節が黒色であること、2)前胸背側角が突出しない、3)小楯板の基部に黄点刻および前縁角の小黒点を欠き、先端近くに小黒紋がある、4)腹部背面は緑色で、1-3節基部は褐色を帯びる、特徴を持つので、ツヤアオカメムシと同定した。多食性で各種果樹を吸汁する害虫である。
写真:Glaucias subpunctatus (Walker) ツヤアオカメムシ 2006年1月15日 名古屋市で撮影 

|

« 毛虫と一緒のアミメクサカゲロウ | Main | ウスバフユシャクのメス »

Comments

ブトボソさん、おはようございます。
私もカメムシファンです。特に越冬するカメムシの観察が好きです。スギやヒノキの樹皮の裏には様々なカメムシが隠れていますよ。また、ヨコヅナツチカメムシのように土中で越冬するものもいます。このカメムシは灯火に飛来しますが、越冬後のものは泥だらけです。アカスジキンカメムシは落葉の間で越冬するので、探しやすいと思います。ニシキキンカメムシは移動性の高いカメムシで、愛知県の鳳来町でも集団越冬しています。三重県の楯ケ崎ではオオキンカメムシが常緑樹の葉上で集団越冬しているところを見ました。ブトボソさんもぜひ一度熊野路へお越しになり、カラスを「神のお使い」として崇める熊野三大神社詣がてら、オオキンカメムシの集団越冬を御覧下さい。

Posted by: Phasmid | January 18, 2006 04:40 AM

Phasmidさん、こんにちは。
カメムシいいですね。カメムシの越冬は未だに見た事ありません。冬間近になると幹にくっ付いているところはみるのですが、その後はわかりません。見てみたいですね。

一度MSのバルコニーに置きっぱなしにして置いた植木鉢の底にカメムシがいましたが、春になっても夏になってもそのままでした。死んでいたようです。

ウシカメムシって格好良いです。北海道では見られない種だったと思います。図鑑で見て印象的な姿だったので覚えています。クヌギカメムシやスコットカメムシは数年前大発生した時に窓の網戸にくっ付いていたのを記憶しています。きっと室内で越冬したかったのでしょうね。

Posted by: ブトボソ | January 17, 2006 04:50 AM

CHOCHOENSISさん、こんばんは。
私も越冬するカメムシの姿をなかなか見つけることができません。たまたま今回は樹幹に止まるフユシャクの♀を探していたらカメムシが見つかっただけで、云わば「副産物」です。ところで、種別の検索は検索フォームを設定していないのでまだ出来ません。こんなに種数が増えると思っていなかったので怠けていましたが、そろそろ検索機能を追加しないといけませんね。

Posted by: Phasmid | January 16, 2006 10:27 PM

phasmidさん、こんにちは。カメムシの画像も撮影しようと努力しているのですが、なかなか撮れないでいます。
やはり、観察眼の鋭さと研究熱心さで探さないと無理でしょうね・・・。大変勉強になっています。
ところで、ブログに出てくる昆虫の種類別の検索は出来るのでしょうか・・・もし、出来たら嬉しいのですが・・・。
教えてください。

Posted by: chochoensis | January 16, 2006 05:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 越冬するカメムシ3種:

« 毛虫と一緒のアミメクサカゲロウ | Main | ウスバフユシャクのメス »