« ナンキンキノカワガの護身術 | Main | フユシャク一年生 »

January 08, 2006

アカボシゴマダラ幼虫飼育

akaboshi010806今日は霜が下りる寒々しい朝で、寒がり屋の私はまだフィールドへ出ていない。そこで、飼育中のアカボシゴマダラ幼虫が健在がどうか確かめることにした。この幼虫は昨年11月13日に藤沢市で採集したものだが、元来怠け者の私は大きめの飼育箱に幼虫を入れ、上から枯葉と常緑樹の葉をかけて時々思い出したように霧吹きをする文字通りの放任飼育である。というと聞こえは良いが、実のところ全くの手抜き飼育である。さすがの私も幼虫のことが気になってきたが、億劫でついつい後回しになっていた。丁度良い機会なので、飼育箱の中身を拡げた新聞紙の上に移して、幼虫が無事かどうかを調べた。その結果、10頭のうち9頭がなんとか生きていることを確認した。1頭は私の管理が十分でなかったためか、乾燥して斃死していた。エノキが芽吹くまで3ヶ月余、これからが正念場だ。白いアカボシゴマダラが羽化する姿をぜひとも見たいものである。

写真:藤沢市産アカボシゴマダラ越冬幼虫 2006年1月8日 名古屋市で撮影

アカボシゴマダラの飼育羽化
アカボシゴマダラの幼虫と蛹

|

« ナンキンキノカワガの護身術 | Main | フユシャク一年生 »

Comments

おやまあさん、こんばんは。
おやまあさんのところのアカボシゴマダラ幼虫は数が多いので、飼育管理も大変ですね。私のところはベランダの日当たりが良過ぎるので、ベランダへは置けません。我家には昆虫専用冷蔵庫があるのですが、それも既に昆虫で溢れるばかりになっていてスペースがありません。幸い幼虫数が少ないので、飼育箱を室内に置くことになりました。年内に羽化したアカボシの斑紋に変異があるとのこと、来年羽化する個体の方はどうなんでしょうか。今からわくわくしますね。

Posted by: Phasmid | January 09, 2006 09:06 PM

chochoensisさん、こんばんは。
昨年11月の藤沢市での観察では、アカボシゴマダラ越冬幼虫は茶色に変色してエノキの幼木の根際にへばりついて越冬していました。実を言うと、これは一緒に採集したT.Yさんが見つけて教えてくれたのです。エノキの葉には無数のアカボシゴマダラ幼虫の食痕があるのに、何故か幼虫の姿が葉上に見たらないので変だと思い下の方を探したら、見つかったというのです。chochoensisさんもこの冬は英気を十分養われ、暖かい春になったら、湘南でアカボシゴマダラ幼虫の御観察をなさってください。それまではくれぐれも御自愛下さい。

Posted by: Phasmid | January 09, 2006 08:45 PM

ブトボソさん、こんばんは。
アカボシゴマダラの幼虫は昨年ブログで書いたように藤沢市で採集したものです。最初は非休眠で飼育したいと思って南向きの暖かい部屋に飼育箱を置き、エノキの若葉をたくさん与えました。しかし、幼虫はあまり摂食せず、枯葉の上に台座を作って越冬モードになってしまいました。やむなく越冬させることにして、飼育箱を暖房の無い部屋へ置き換えました。箱の底にティッシュペーパーを丸めてクッションがわりにして、その上に幼虫の付いた枯葉を置き、乾燥防止のために枯葉をかけました。さらに霧吹きをさぼるために、上からサカキやヒサカキ、アラカシの生葉を枝ごと入れ、萎れかけると新しい枝に取替えました。幼虫の逃亡防止と保湿のために、飼育箱の網目の蓋は新聞紙で内側から目張りしました。なるべく手をかけないで楽して越冬させたいと思ってます。

Posted by: Phasmid | January 09, 2006 08:24 PM

Phasmidさん おはようございます。

幼虫の越冬は室内ですか?

私はマンション暮らしのため、二つに分散して保管しています。一つはベランダの日陰に素焼きの鉢を置いて、その半分を土で埋め、その上にゴースの袋に入れた幼虫を置き、素焼きの小さな鉢で蓋をして、その上からミズゴケを掛けています。もう一つは冷蔵庫で笊付の密封容器の中に、湿ったミズゴケを少しいれ、容器内にゴースの袋に入れた幼虫を入れています。
大型ヒョウモンやジャノメチョウの幼虫も同様にしています。
藤沢での幼虫採集から12月に2頭羽化しましたが、斑紋の状態が大きく異なっており驚いています。

Posted by: おやまあ | January 09, 2006 09:35 AM

phasmidさん、おはようございます。アカボシゴマダラの越冬幼虫を初めて見ました。この仲間は、みんな保護色になるのですね・・・これでは、自然の中で見つけるのは難しそうですね。いつか、湘南地方に行って見たいものです。
身体が、丈夫になったら、行ってみたいな・・・。

Posted by: chochoensis | January 09, 2006 07:36 AM

Phasmidさん、こんにちは。
アカボシゴマダラの幼虫の生命力って凄いですね。以前の記事に登場した幼虫ですよね?幼虫の飼育って結構難しかったりしますが、何もしていないと言いつつも昆虫の生態をきちんと理解している人が飼育すると、きっと何かが違うのだと思ってしまいます。幼虫が蛹になり羽化するのが楽しみですね。また記事にして下さい。

Posted by: ブトボソ | January 08, 2006 04:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アカボシゴマダラ幼虫飼育:

« ナンキンキノカワガの護身術 | Main | フユシャク一年生 »