« コカマキリの卵鞘(続) | Main | 地衣を纏うシラホシコヤガ幼虫 »

January 30, 2006

ハラビロカマキリの卵鞘

harabirob112000harabiroハラビロカマキリは自宅周辺ではオオカマキリ、チョウセンカマキリに次いでよく見かけるカマキリである。樹上性といわれるが、人家の生垣や塀、河川敷の草地、道端でも見られる。緑色型がよく見られるが、褐色型も出現する。前脚基節には通常3個の黄色のイボ状突起があるのが特徴だが、突起の数が少ないこともある。卵鞘は長さ22-23mm、幅12-13mmほどだが、個体差も大きい。樹木の樹幹や生垣の枝、塀、壁などに産付される。年一年の発生で、自宅周辺では成虫は8月から12月まで見られる。写真の卵鞘はユキヤナギの枝に産付されたものである。

写真:Hierodula patellifera Serville ハラビロカマキリ♀(2000年11月20日 瀬戸市で撮影)
    同種卵鞘 (2006年1月28日 名古屋市で撮影)

|

« コカマキリの卵鞘(続) | Main | 地衣を纏うシラホシコヤガ幼虫 »

Comments

CHOCHOENSISさん、こんにちは。

ハラビロカマキリを私も昨年何回も撮影したのですが、カメラ深度の浅い私のデジカメではうまく撮れませんでした。顔が決まったと思うと、体がボケるという具合です。やむなく昔の写真を出したしだいです。ヒメカマキリも出したいのですが、これも動きが早くてボケ写真ばかり。なかなか成虫と卵鞘が揃わずに困っています。

Posted by: Phasmid | February 02, 2006 06:08 PM

phasmidさん、こんにちは。「ハラビロカマキリ」、羨ましいです。未だ、撮影出来ないでいます、今年こそは、と狙っているのですがどうなることやら・・・。とても、参考になります・・・。

Posted by: chochoensis | February 01, 2006 07:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハラビロカマキリの卵鞘:

» ハラビロカマキリのたまご [なかもず四季絵日記]
 昼休み、また農場へ行ってみた。果樹園のミカンの木の幹にハラビロカマキリの卵鞘を2つ見つけた。ハラビロカマキリもキャンパスに多いカマキリである。ハラビロカマキリは草原よりもどちらかというと樹木にいることが多いので、卵鞘も木の幹に産まれることが多いようである。他のカマキリの卵鞘とは異なって、表面が緑がかった艶のある物質で覆われている。耐寒性はより優れているのかもしれない。... [Read More]

Tracked on February 12, 2006 01:52 AM

« コカマキリの卵鞘(続) | Main | 地衣を纏うシラホシコヤガ幼虫 »