« トビモンオオエダシャクの出現 | Main | 第3回昆虫DNA研究集会プログラム »

February 26, 2006

早春の蛾オカモトトゲエダシャク

okamoto022606bokamoto051001a名古屋は今朝から雨だった。連日のようにフユシャク観察で雑木林を歩きまわっていた私だが、この雨には内心ほっとした。きっと天がお与え下された休息なのだろう。今日は虫のことは何もしないで過ごそうと思った。午後になって雨の中を近くのコンビニまで買物に出た。その帰りがけに、とあるマンションの白い壁を何気なく見たところ、十字状の細い枯れ枝のようなものが目に止まった。「Apochimaだあ」、その瞬間、喜びと興奮が全身に走った。よく見ると、それはクワトゲエダシャクでもキイロトゲエダシャクでも無く、普通のApochima juglansiaria (Graeser, 1889) オカモトトゲエダシャクのオス成虫だった。しかし、自宅近くの自然度が極めて低い環境下で、しかも交通量の多い道路沿いで本種が見られるとは思っても見なかった。「これは拾いものをした。早速デジカメで写真を撮ろう」と思ったのだが、休息日のつもりだったので、デジカメは家へ置いてきてしまった。取りに帰っている間に蛾が逃げてしまわないか心配しながら家へ走って戻って来ると、丁度蛾のすぐ前を車が通過した。もう駄目かと思ったが、雨が幸いして静止したままであった。何とか手ぶれせずに撮影することができた。

日本に生息するApochima属はオカモトトゲエダシャク、キイロトゲエダシャク、クワトゲエダシャクの三種で、共に早春に出現する年1化のシャクガである。オカモトトゲエダシャクは多食性として知られるが、私はサクラ、ハギ、クヌギ、エノキで幼虫を採集している。クワトゲエダシャクは明治中期から昭和初期にかけて時に大発生し、桑に深刻な被害を与える害虫とされたが、日本の養蚕が衰退し、桑畑が減少する昨今では稀種とされている。私はキイロトゲエダシャク幼虫を飼育した折に、クワトゲエダシャク幼虫の文献を集めてみたが、そこに図示されているクワトゲエダシャクの幼虫はキイロトゲエダシャク幼虫と形態的によく似ている。佐藤(2003)にも述べられているように、Apochima3種の「○○トゲエダシャク」という和名は幼虫背上の突起に由来するのではないかと思われるほど3種の幼虫には類似性があることは大変興味深い。もっとも、キイロトゲエダシャクの和名は、幼虫が未知の段階で既に付与されていたのだから、成虫形態から幼虫形態を推測する優れた予見性があったといわざるをえない。

写真:オカモトトゲエダシャク ♂  2006年2月26日 名古屋市で撮影
    同種幼虫           2001年5月10日 瀬戸市定光町で撮影

|

« トビモンオオエダシャクの出現 | Main | 第3回昆虫DNA研究集会プログラム »

Comments

ブトボソさん、おはようございます。エダシャクの仲間は形や色が芸術的といえるほど枝や新梢そっくりで、本当に素晴らしいですね。特にApochima属は幼虫背上の角状突起や顔を隠して身を縮める姿が似ていて面白いと思います。エダシャクの幼虫の多くは比較的地味な色彩のものが多いのですが、なかには5月から9月ごろ見られるヘリグロキエダシャクのように、きらきらと輝きを放つ極彩色のものもあります。

Posted by: Phasmid | March 02, 2006 05:33 AM

Phasmidさん、こんにちは。
エダシャクって良いですね。特に幼虫が動いている姿は見ていても飽きません。早く春になって欲しいです。

Posted by: ブトボソ | March 01, 2006 04:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 早春の蛾オカモトトゲエダシャク:

» Mar. 6, 2006 [klingen lassen]
2、3週間前だろうか、宿舎の階段のところに変な虫がとまっていることに気づきました [Read More]

Tracked on March 06, 2006 12:39 PM

« トビモンオオエダシャクの出現 | Main | 第3回昆虫DNA研究集会プログラム »