« イボタガとコツバメ | Main | お花見 »

March 30, 2006

花冷え時の幼虫

Matsuooここ2-3日小雪が舞うような寒さである。いつもの雑木林へ寄ってみると、サクラの花がちらほらと咲き始めていた。寒さのせいか、ほとんど人はいない。チョウもガも飛ばない。オオシモフリスズメやエゾヨツメが羽化しているのではないかと思ってサクラやコナラ、クヌギの樹幹を探しまわるが、なかなか見つからない。あきらめ半分にサクラの古木を眺めているうちに、ふと淡緑色の「地衣類」状の幼虫が目に入った。体長45mmほどである。一瞬カレハガ越冬幼虫かと思ったが、この時期にしてはどうも大きすぎる。Deileptenia ribeata (Clerck, 1759) マツオオエダシャク越冬幼虫のようだ。幼虫の色彩や斑紋は地衣そっくりである。細かく幼虫検索しようと思ってシャーレ内に採取し、今朝見たところ敷いておいたティッシュパーパーの間で繭を造営し、前蛹になっていた。

写真:エグリヅマエダシャク幼虫 2006年3月29日名古屋市で撮影

【訂正】:2006年4月24日

昨日の朝起きたら、飼育容器の中でいつのまにか黄土色の蛾が羽化してバタバタ暴れたいた。「あれ、変だな。マツオオエダシャクの成虫って、こんな色だったっけ?」と、よくよく見ると、なんと羽化していたのはエグリヅマエダシャクだった。これまで見たことのあるエグリヅマエダシャク幼虫は淡茶色がかった個体が多かったために、うっかり誤同定してしまった。幼虫の色斑だけで同定することの危険性を改めて痛感した。

|

« イボタガとコツバメ | Main | お花見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 花冷え時の幼虫:

« イボタガとコツバメ | Main | お花見 »