« クロクモエダシャク幼虫は元気 | Main | 矢作川めぐり »

April 20, 2006

ミノウスバ御難

Minousuba041806昨日の朝のこと、少し早く職場に着いたので、マサキの生垣に発生中のミノウスバ幼虫の様子を見ようと思って裏庭へ廻ってみた。すると、作業服姿の男性二人がマサキの生垣の前に立っていた。茶色に食害された枝を指差しながら、何やら話をしているようだ。二人の手には市販の殺虫剤があるではないか。これは一大事と駆け寄ると、ミノウスバの幼虫が悶絶しながら糸を引いて滝のように落下している。地面を見ると数百頭はいただろうか。「ああー、ミノウスバが大変・・・成長するのを楽しみにしていたのに・・・」と言うと、「ありゃ、もう噴霧してしまったよ。この虫飼うと、きれいな蝶でも出るのかね」との返事。「秋にきれいな蛾が出るのに、惜しいことした」と、私。「そりゃ、悪かったねえ。世の中には物好きな人もいて面白いねえ。でも、大丈夫だよ。退治しきれるものじゃないから。ほら、まだたくさんいるよ。」と、元気なミノウスバ幼虫を葉ごと持ってきてくれた。「今週は害虫駆除週間になっていて、我々としては放置するわけにはいかんのだよ。」と、申し訳なそうに弁解する。始業前なので、急いでビニール袋に幼虫を入れてもらって立ち去ろうとすると、「じゃあ、供養がわりに大切に飼育してやってね。」 というわけで、20頭余のミノウスバ幼虫を飼育する破目になってしまった。とはいえ、殺虫剤が噴霧されたマサキの葉を与えるわけにもいかない。安全な葉探しに奔走せねばならず、これから先が思いやられる。

殺虫を免れたミノウスバ幼虫(体長約10mm) 2006年4月19日 名古屋市で撮影

|

« クロクモエダシャク幼虫は元気 | Main | 矢作川めぐり »

Comments

昨日ミノウスバの幼虫が孵化していました。こんな早くから孵化していたなんて今まで気が付きませんでした。既に芽吹き始めたマユミを食べていました。体長は2ミリ程度です。成長が楽しみです。

Posted by: ブトボソ | May 07, 2006 05:33 AM

こんにちは。初めて書き込みします。
毎年庭に何かの幼虫に丸坊主にされてしまう木があります。木の下に行くとむしゃむしゃ食事をする音が聞こえます。成虫はどんな容姿かといろいろサイトで調べてみると、ミノウスバでした!
去年の秋に庭を飛ぶ不思議な蝶(実際は蛾ですね)がいるな・・・とやっぱりいろんなサイトで調べていた虫です。これでちょっと怖くなくなりました。

Posted by: クマ | May 03, 2006 07:15 PM

ブトボソさん、こんばんは。

おしゃるように、ミノウスバ幼虫がマサキの若葉を食害しても、木全体が枯れることはありません。ただし、今年はかなり大発生したせいか、枯死した葉が目立って樹形が損なわれました。庭園の「美観」のために、殺虫剤を噴霧したようです。幸い高い位置にいた幼虫は無事だったようで、今や分散して終令になっています。殺虫効果が出るのかどうか、今秋調べたいと思います。

Posted by: Phasmid | April 25, 2006 08:38 PM

まさに堤中納言物語「蟲愛づる姫君」ですね。

Posted by: T.Y. | April 23, 2006 02:25 PM

こんにちは。
ミノウスバ大変な事になりましたね。大丈夫でしょうか?仮に幼虫に葉を全て食べられても、幼木なんかは別として植物が枯れる事はありません。殺虫剤は強烈ですから、気になりますね。私は秋に木の剪定をする際にミノウスバが来る前に終わらせてもらうように頼んであります。

それにしても大きくなりましたね。飼育も大変そうですが、日々の成長がじっくり見る事が出来るのも良いかも知れません。また様子を教えて下さい。

Posted by: ブトボソ | April 21, 2006 05:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミノウスバ御難:

« クロクモエダシャク幼虫は元気 | Main | 矢作川めぐり »