« 矢作川めぐり | Main | 鳳来寺観光がてら虫採集 »

April 25, 2006

ツマキチョウ

Shiroshita今日は休みだったので、お昼すぎに名古屋市北部の雑木林へ寄ってみた。新梢が青い空いっぱいに広がり、見上げるだけで気分が爽快になった。マメナシでリンゴハマキクロバの越冬後幼虫を多数観察した後、クロミノニシゴリの若葉につくシロシタホタルの若令幼虫を観察した。シロシタホタルガの幼虫は体長3mmぐらいから8mmほどの大きさであった。1-2令ぐらいだろうか。シロシタホタルガ幼虫の黄、黒、赤色の派手な色斑は「警告色」の役割を果たすのではないかとよく云われる。しかし、若令時の模様は展葉したばかりの食餌植物にも似て目立たず、「保護色」にもなっているようだ。

Tsumaki042506平日のせいか人気も少なく、のびやかな気持ちでポットのコーヒーとクッキーでおやつを楽しんでいると、タンポポ畑の上を小さな白いチョウが飛ぶ姿が目に入った。ひよひよした飛び方だったので、遠目にもツマキチョウであることがわかった。近寄って見ると、ボロボロのツマキチョウの♂だった。4月下旬という時期だから、新鮮な個体を望むほうが無理というものだ。もう今年は見られないと思っていたので、ボロでも嬉しかった。2個体飛んでいて、そのうちの1個体が近くのタンポポで吸蜜しているところをカメラに収めることができた。ツマキチョウがタンポポで吸蜜している最中、セイヨウミツバチが横槍を入れ、即座にツマキチョウは追い払われてしまった。

シロシタホタルガ若令幼虫とツマキチョウ♂ 2006年4月25日 名古屋市で撮影

|

« 矢作川めぐり | Main | 鳳来寺観光がてら虫採集 »

Comments

こんにちは。
こちらもやっと虫の姿を見掛けるようになりました。昨日鳥の調査をしていたらモンシロチョウが飛んでいました。こんなに早い登場は始めてかも知れません。しかし調査に行った地区でしか見かけませんでした。

あと越冬から目覚めたクジャクチョウやスズメバチ類の女王もいました。まだまだ木々の葉が芽吹かないので幼虫の出現はお預けです。

Posted by: ブトボソ | April 28, 2006 08:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ツマキチョウ:

« 矢作川めぐり | Main | 鳳来寺観光がてら虫採集 »