« シロシタホタルガ | Main | 矢作川散策 »

June 29, 2006

ハイモンキシタバ

Haimon梅雨の季節は不快指数が高くて過ごしにくい。ところが、そんなじめじめしたシーズンは、虫にとっては絶好の活動期らしい。小雨がぱらついたり、今にも泣き出しそうな天気の日にフィールドへ赴くと、そこはまさに虫の楽園である。夕方や朝方は特に虫の姿が目につく。昨日、ヤナギの大木を見に行くと、樹幹にCatocala agitatrix mabella Holland, 1889 ハイモンキシタバが数頭止まっていた。ハイモンキシタバ幼虫の食餌植物はズミやエゾノコリンゴ、スモモなどのバラ科植物である。付近にはそうした植物は見たらないので、別のバラ科植物に寄生しているものと思われる。成虫の食餌はヤナギ、クヌギの樹液、腐果、花の蜜とのことである(西尾 1997)。先週も同じ場所に止まっていたので、恐らくヤナギから樹液が出ているのであろう。

ハイモンキシタバ2006年6月28日 名古屋市守山区で撮影

文献:西尾規孝(1997). Catocalaの生態. 誘蛾燈 150:101-128

|

« シロシタホタルガ | Main | 矢作川散策 »

Comments

Ohrwurmさん、コメントありがとうございます。この時期にいつも私は木曽駒高原や奈川村などの山地へ採集に行って、ハイモンキシタバなどを採集していました。それで平地の雑木林のことなど全く念頭になかったのですが、実際に連日通うようになり、多くのカトカラが生息していることに大変驚いております。先日はキシタバとコシロシタバを見ました。また、このブログに載せますね。

             Phasmid

Posted by: Phasmid | July 13, 2006 04:30 PM

Phasmidさん、Ohrwurmです。ぼくはまだハイモンキシタバを見たことがないのですが、名古屋市守山区のような低地でも見られるものなのですね。こちら三重県津市の自宅近辺では、コガタキシタバならちょくちょく目にすることができます。今年は6月20日が初認でした。

Posted by: Ohrwurm | July 02, 2006 06:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハイモンキシタバ:

« シロシタホタルガ | Main | 矢作川散策 »