« 今朝は蛾日和 | Main | ミノウスバの季節 »

October 24, 2006

道端のチョウ

Maha今日は仕事がお休み。昨夜はついつい夜更かし、今朝は早く目が覚めてしまい、朝食もそこそこに飛び出す。当ても無く歩いていると、ヤマトシジミが道端に咲く淡紫色のクコの花で吸蜜中だった。クコは晩秋になると真っ赤な実を一杯つけるが、花の方は小さくて控え目である。夏の頃に比べて花が少なくなってきているせいか、花ともいえないような花でも重要な吸蜜源なのであろう。チョウは吸蜜に夢中で、デジカメを近づけても逃げようともしなかった。道端の所々には食草のカタバミがあり、ヤマトシジミの飛び交う姿が愛らしかった。よく見かけるチョウだが、朝陽に照らされた淡いブルーの翅は繊細で美しかった。

Mathiasヤマトシジミの姿を追いながら歩んでいると、道端の草の上に淡茶色の枯葉のようなものが落ちていた。しかし、枯葉にしては様子がおかしいと思いつつ目を凝らすと、それは交尾中のチャバネセセリのカップルであった。下草の上にいると、淡茶色の姿は本当に目立たない。恐らく急いでいたら、チャバネセセリと気づかずに通り過ぎていたことだろう。本種の地味な色彩は、隠蔽戦略としては効果的なようだ。


|

« 今朝は蛾日和 | Main | ミノウスバの季節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道端のチョウ:

« 今朝は蛾日和 | Main | ミノウスバの季節 »