« ハイモンキシタバ | Main | 今朝は蛾日和 »

October 21, 2006

矢作川散策

Yahagi矢作川は美しい川だ。川へ下りると、磯の香りがする。、川の両岸は山が迫り、くねくねと蛇行する川沿いのドライブは爽快だ。この川の河畔を昆虫調査のために8月からぶらついている。流域は市町村合併によって豊田市になっているが、ルートは枝下ICから出て西広瀬町から旭町小渡までの矢作川両岸で、往復40Kmほどになる。とはいえ、河川敷まで降りられる地点がそれほど多くなく、たいていは鮎釣り場の入り口になっている。8-9月は鮎釣り客が多く、朝早くから夕方遅くまで狭い駐車スペースは満員になるほどだった。10月も半ばになると、釣り客も減り、ゆっくりと散策できるようになった。

PhlossaDasychira河畔の昆虫調査は初めてのことだが、周囲の植物相が豊かなのに比べ、河畔の植物相は極めて限定されている。西広瀬町から旭地区まで20kmほどの河畔の植物相はほとんど同じだ。従って採集できる昆虫も同じものが多い。河畔に特徴的なのは、ドクガ科やイラガ科の幼虫が多く見られることだ。それと、ヤドリバエが多い。採集した蛾類幼虫の寄生率は高く、出てくるのはヤドリハエやニクバエばかりで、ヒメバチはなぜか出てこない。ハエをやっている人なら面白い調査になるだろうが、蛾屋の私にはどうも・・・・

写真:上  矢作川  豊田市で撮影
    下  左 Phlossa conjuncta (Walker, 1855)  タイワンイラガ終令幼虫 (食草 ネコヤナギ)  
       右 Calliteara pseudabietis Butler, 1885 リンゴドクガ亜終令幼虫 (食草 フジ)


|

« ハイモンキシタバ | Main | 今朝は蛾日和 »

Comments

chochoensisさん、コメントありがとうございます。パソコンは購入1年半で、HDがクラッシュ。
パソコンを置いてある場所が台所のすぐ側なんです。煮炊きの熱と湿気でヒートして、すぐ悪くなってしまうのです。データの引越しのために大容量外付けHDを購入し、新しいマシーンにソフトをインストールし直すなど、本当に大変でした。やはり、常日頃のバックアップが大切であることを痛感しました。

Posted by: Phasmid | October 25, 2006 05:30 AM

Ohrwurmさん、コメントありがとうございます。

先日矢作川の河畔で、落ちた栗を拾ってイガを剥いだら、ぞろぞろとハサミムシ(アルマンコブ?)が出てきました。動きが早くて逃げられましたが、良い隠れ場所だと感心しました。

           

Posted by: Phasmid | October 25, 2006 05:19 AM

T.Yさん、おはようございます。

仰せのように、厳冬期に備えて十分夏眠しましたので、そろそろ出てきましたよ。これからもよろしくお願いします。

Posted by: Phasmid | October 25, 2006 05:14 AM

しばらく更新されなかったので心配していたらパソコンの具合だったのですね・・・又楽しい記事の掲載を期待しています・・。

Posted by: chochoensis | October 23, 2006 10:01 AM

しばらくブログの更新がありませんでしたので、ちょっと心配しておりました。興味深い観察記録を楽しみにしていますので、これからもよろしくお願いします。

Posted by: Ohrwurm | October 22, 2006 07:34 PM

Phasmidさん、こんばんは。
ナナフシが夏眠すること初めて知りました。
これからはまた頑張って記事書いてくださいね。

Posted by: T.Y. | October 22, 2006 07:30 PM

takao_bwさん、こちらこそご無沙汰しております。ご心配をおかけしましたが、またぼちぼちフィールドで出会った虫のことを書きたいと思います。また、この数ヶ月の間に見た素晴らしい景色や虫と花のことも・・・これからもよろしくお願いします。takao_bwの昆虫写真はいつもとても素晴らしいですね。ご活躍を楽しみにしております。

Posted by: Phasmid | October 22, 2006 06:32 AM

ブトボソさん、コメントありがとうございます。
もう、北海道では雪虫の出現ですか。こちらではまだ先ですね。そうそう、長らくご無沙汰しておりました。実はパソコンの調子が悪くなり、買い替えました。その間、データの引越し等に手間がかかり、ブログ更新がしばらくできませんでした。その間にも採集観察や旅行へは行くので、画像はどんどん溜まっていく一方。出遅れて、なんとなく更新が億劫になってしまい、ずっとお怠けしてしまいました。私が好きな「昆虫シーズン」は冬です。もうすぐフユシャクや越冬昆虫の時期になるので、のそのそと出て来ました。よろしくお願いします。

Posted by: Phasmid | October 22, 2006 06:25 AM

こんばんは、takao_bwと申します。
ここ数年、息子とカミキリムシを追いかけているのですが、元来蛾が好きなこともあって、フィールドで見掛けると、写真を撮ったりしております。こちらにもちょくちょくお邪魔していたのですが、しばらく更新がなく、少し心配しておりましたところ、久し振りの記事にほっとしているところです。
図々しくコメントさせていただきましたが、体調にご留意されて、また興味津々の話題をよろしくお願いいたします。

Posted by: takao_bw | October 22, 2006 12:01 AM

お久しぶりです。お元気そうで安心しました。(^^)

こちらでは昆虫の姿もほとんど消え去り、雪を招くかのように雪虫が舞い始めました。でも今年は今のところ少ないですね。昨年は大発生でしたから、余計にそう感じるのかもしれません。

Posted by: ブトボソ | October 21, 2006 08:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 矢作川散策:

« ハイモンキシタバ | Main | 今朝は蛾日和 »