« 春の幼虫 | Main | 伊吹山のウスバシロチョウ »

April 24, 2007

ツマキチョウとの出会い

春の蝶のなかで私が一番好きな蝶といえば、それはギフチョウでもなければ、ヒメギフチョウでもない。ツマキチョウである。ギフチョウもかっては春の野を歩いていると、ごく自然に見かける蝶だったのだろう。しかし、今や土地開発によって生息環境が狭められ、局所的な産地でしか出会えない蝶となってしまった。ところが、ツマキチョウは小粋で可憐な姿の蝶でありながら、街中でも気軽に出会える卑近な蝶だ。近所でツマキチョウが飛ぶ姿を見ると、自分が春の只中にあることを実感する。ツマキチョウは私にとって春の象徴とも云える蝶である。

Tsumaki042307さて、今年は4月12日にツマキチョウが飛んでいるところを見た。この日は天気が良すぎて、ツマキチョウは止まってくれずに、その姿を撮影することはできなかった。それ以降は、休みの日には天候が崩れてしまい、見る機会がなかった。今年はもう無理かな、とあきらめかけていた。今日は久方ぶりのお休み。風邪気味だったが、午前11時ごろ散歩に出た。アメリカハナミズキが咲き始め、白色や薄紅色の花が眩しい。コデマリの花も満開だ。花でも撮影しようと、デジカメを構えたとたん、白い蝶が風に流されるように飛んできたかと思うと、すぐ近くのケヤキの幹に止まったのだ。地味な♀だが、裏面の模様は渋く、かえって趣がある。今にも消え入らんばかりの、かそけき風情が心打つ。ちょうど曇りだったせいか、動きが悪くて、おかげで様々なアングルから写真を撮ることができた。これで、ようやく春気分。

(画像は拡大できます)


|

« 春の幼虫 | Main | 伊吹山のウスバシロチョウ »

Comments

私も近くの公園で10日ほど前にツマキチョウを見かけました。翅の先の模様、本当にきれいでした。それにしても、お撮りになった写真、ツマキにしっかりと焦点が合っていますね。至近距離で撮影されたのですか?今後も、短かくてもいいので、たびたびアップしてくださったらうれしいですね。ただし、くれぐれも無理はしないでください。

Posted by: スズメ | April 24, 2007 10:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ツマキチョウとの出会い:

« 春の幼虫 | Main | 伊吹山のウスバシロチョウ »