« 晩秋の幼虫 | Main | 昼神温泉で見た冬の蛾 »

November 10, 2007

晩秋のちょい散歩

PhotoPhoto_2久しぶりの休み。朝から曇ったり、降ったりの天気だったが、散歩もかねて近場の雑木林へ。歩き出して早々に、ふとサクラの樹幹に目をやると、樹皮の一部が色濃く浮き出ているではないか!「うっ、あれは?」と目を凝らすと、やはり蛾であった。晩秋に出現するオオトビモンシャチホコ Phalerodonta manleyi manleyi (Leech, [1889]) の成虫。灯火に飛来した本種を見ることはよくある。しかし、自然に樹幹に静止する個体を見かけるのは嬉しい。夢中になって写真撮影。

ところが何枚か撮影した後、蛾の尾端に何やら黒い塊が固着していることに気付いた。不審に思って目を近づける。それは、なんとヨコヅナサシガメの幼虫であった。ヨコヅナサシガメ幼虫は、オオトビモンシャチホコの成虫の腹部に吸汁管を差し入れているようだった。しかし、まだ吸汁寸前だったようで、採集したオオトビモンシャチホコの成虫個体は普通に動き、腹部にもへこみなどは見られなかった。オオトビモンシャチホコの成虫は樹皮そっくりの模様をしており、樹皮に静止すると、まさしく隠蔽擬態そのもの。樹皮状の模様は鳥の目を逃れるのに有効的とされる。しかし、隠蔽擬態を最も効果的たらしめる背景の樹幹も実は危険がいっぱい。越冬サシガメ類にとっては格好の好餌となる。自分の体の何倍も大きいオオトビモンシャチホコをたった一頭で襲うヨコヅナサシガメ幼虫。いつも樹皮の割れ目の間で集団越冬するヨコヅナサシガメ幼虫を見る度に、一体何を摂食して生育するのか疑問に思っていた。冬季にカマキリ類の卵鞘を捕食したり、フユシャクやミツバチなどの小型昆虫を捕獲して餌とすることを見てきたが、自分の体長よりずっと大型の昆虫も襲撃しようとする現場を見たのは今日が初めて。あれだけの大所帯をどうやって養っているのか、これまで不思議であった。「大物狩り」の現場に立ち会って、ようやく納得がいった。

|

« 晩秋の幼虫 | Main | 昼神温泉で見た冬の蛾 »

Comments

こんにちは。
カラスは枝などをくわえる事が多いです。今時期にこのような行動を頻繁にするのは、若い番だと思います。まだ巣造りには早いですが、練習のような事をしています。見ていると面白いですよ。

Posted by: ブトボソ | November 18, 2007 07:58 PM

ブトボソさん、今晩は。
コメントありがとうございます。
出遅れ組も、万が一の異常気象で先陣組に問題が生じた場合には思いがけず役に立つことがあるのかもしれません。総じて昆虫の出現に時間的な幅があるのは過酷な自然現象に対して柔軟に対応するためなのでしょうね。

ところで全く話題が変わりますが、昨日の早朝出勤の折、目の前をハシブトガラスが10cmほどのプラスチック棒を口に咥えて飛び立ちました。行く先の樹上にはもう1頭のカラスが待受けておりました。これは恋人、いえ、恋ガラス同士の巣造りの準備なのでしょうか。

Posted by: Phasmid | November 18, 2007 01:46 AM

お久しぶりですね。お元気そうで安心しました。
こちらは明日からいよいよ雪のようです。今日は気温が高めだったので、テントウムシたちが越冬の為に集まっていました。この軍団は最後の軍団だと思います。明日以降になってしまうと気温が一ケタになるので動けなくなってしまうでしょうね。毎年出遅れた越冬組がそのまま息絶えています。野生の世界は過酷ですね。

Posted by: ブトボソ | November 14, 2007 08:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 晩秋のちょい散歩:

« 晩秋の幼虫 | Main | 昼神温泉で見た冬の蛾 »