« 南信州花桃紀行(前編) | Main | 八ヶ岳山麓の蛾 »

May 20, 2008

南信州花桃紀行(後編)

 昼神温泉の楽しみといえば、硫黄の匂いのする湯と朝市。朝市は4-11月までは午前6時から開催され、新鮮な山菜、漬物、ジャム、味噌、蕎麦など、朝市に出されるものはいずれも品質が良く、値段も手頃だ。温泉に浸かった後、浴衣と丹前姿で気軽に行ける。阿智村、喬木村、高森町などの地元生産者からの出品が多く、売り方も決して押し付けがましさがなく、もの静かなところが良い。何度も行くうちに顔見知りの人もできてきた。いつも私は手に持てないほどたくさん買うが、どれも美味しいものばかりで、一度として後悔したことが無い。定番品はネット経由でも買えるが、山菜や期間限定の漬物などは朝市でしか入手できない。

Photo_2 昼神温泉に来た時には、たいてい飯田市と高森町へ立ち寄る。今回は母の希望で、元善光寺のすぐ近くにある竹田扇之助記念国際糸繰り人形館へ。人形館は麻績の舞台桜で有名な旧座光寺中学校の横に在った。麻績の桜は、先月私達が飯田の長姫桜を見に行った頃に満開だったらしい。樹形や幹が実に見事で、名木は葉桜になっても美しい、と思った。人形館は旧座光寺中学校の隣にあった。洒落た建物だったが、中に入って更に驚いた。花が活けられていて、それが室内空間によくマッチしていた。受付にいた初老の人品の良い方が、「今、小学生の生徒さん達がビデオを鑑賞中でして、それでもよろしかったら御入場下さい」と、もの静かな口調で言われる。「空いているうちに、先に人形の方を御覧頂いた方がよろしいかもしれません。」とのことで、展示室へ。展示室の小窓からは手入れの行き届いたお庭が見え、そのセンスの良さは心にくいばかりである。展示されている人形はいずれも素晴らしい糸繰り人形ばかり。頭が息を呑むほど美しく、気品が高い。これほど質の高い人形が展示されているとは思っても見なかったので、感嘆しきりだ。衣装の作りも丁寧で、色や柄は地味なのに艶やかだ。何よりも人形に合っている。特別展用に、たくさんの武者人形が飾られていたが、どれも素晴らしい。古典ものも、新作ものも顔が優しく美しい。
子供の頃、テレビで「西遊記」や「宇宙船シリカ」などの人形劇を楽しんだ思い出が一挙に蘇ってきた。

Photo_3 「伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段」のお七の人形の表情は色恋が昇華し、崇高な観すら覚える。愛馬「あお」との別れの段、塩原太助の表情は慈しみに溢れ、主人を慕う馬の表情はもの哀しい。坂田の金時は元気漲り、一緒に相撲を取る熊は優しい表情をしている。余りにたくさん飾られていたので、かえって印象が薄れてしまったが、この人形達にまた会いたいと思った。家へ戻ってから、受付で貰った英文パンフレットに目を通すと、Don Kenny の平明な訳で、竹田人形座の歴史と活躍について記されていた。但し、その記述は1986年の公演で終わっている。竹田喜之助の不慮の死によって、一世を風靡した竹田人形座は休演を余儀なくされたからだとか。館内は恐らく撮影禁止だろうと思い、人形の写真は撮影しなかった。帰りがけに裏庭を散策すると、ハルジオンで吸蜜するダイミョウセセリを見つけたので、記念写真として添える。

|

« 南信州花桃紀行(前編) | Main | 八ヶ岳山麓の蛾 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南信州花桃紀行(後編):

« 南信州花桃紀行(前編) | Main | 八ヶ岳山麓の蛾 »