« July 2008 | Main | February 2009 »

August 18, 2008

コエビガラスズメの幼虫

1連日の猛暑で、すっかり夏ばて気味。気分転換のために早朝、愛知県豊田市の昭和の森へ。真っ先に向かったのはイヌツゲの幼木があるところ。実は先週、イヌツゲでコエビガラスズメの中令幼虫を見つけたのだ。その時は1頭だけしか見つからなかった。しかし、新しい目で探せば、もっと見つかるはずだと思ったのだ。案の定、先週は見えなかった幼虫が今日は次々と目に飛び込んできた。かなり大きく、模様も派手な幼虫なので、目立つはずなのだが、葉が繁ったところに巧みに隠れているので、よほど粘着質に探さないとなかなか見つからない。

半世紀ほど前は、「深山幽谷の稀な種」と思われていたが、昨今は都市部でも植栽のイヌツゲやアベリアなどで幼虫が採集されるようになった。しかし、成虫はそれほど多くない。年2化で、蛹越冬。冬季、オサムシ堀りの最中に本種の蛹を見つけたことがあるが、樹木の根際に蛹がひっかかっており、地面すれすれのところで、蛹化するようだ。以前、ユキヤナギで幼虫飼育をしたことがあるが、大変美しい幼虫なので、飼育がとても楽しい。

写真:コエビガラスズメ幼虫

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | February 2009 »