« クロオビフユナミシャク隠れの術 | Main | ヒメクロオビフユナミシャクか »

December 13, 2010

雨の日の虫散歩

今日は午前10時ごろから雨がパラパラと降り出した。しかし、虫大好き人間は、こんな日も傘を片手にいそいそとフィールドへ。行き先は通い慣れたる平和公園。少々の雨なら、人気も少ないし、ゆっくり虫探しが楽しめる。まず最初に向かったのは、いつも蛾が止まっているサクラの古木。苔生した樹幹を見上げると、チャエダシャクがしがみ付いていた。付近の木を見て廻ると、今度はコカマキリのメスが目に入った。前脚腿節内側の黒色紋がはっきり見える。腹部がまだ膨らんでいるので、産卵場所でも探しているのだろうか。

Photo

雨足が次第に激しくなって来る。虫は逃げないが、カメラが濡れると困るので、引き上げることにする。サクラの木を見ながら戻る途中、樹幹に静止するカブラヤガ(写真)を見つける。多食性の代表的農業害虫で、さすがの私も成虫、幼虫ともに見つけても喜べない類の「超」普通種。チャエダシャクの方も3頭追加する。チャエダシャクは発生期たけなわのようだ。

Photo_2

|

« クロオビフユナミシャク隠れの術 | Main | ヒメクロオビフユナミシャクか »

Comments

桜の樹幹にエダシャクですか。なるほど。近くの公園にはソメイヨシノの木が結構たくさん植わっているので、今度、折を見て行ってみようかな。それにしても、雨降りに写真撮影!?やはり、Phasmidさんは、気合いの入れ方が違いますね。今後もいろいろ参考にさせてくださいね。

Posted by: スズメ | December 15, 2010 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雨の日の虫散歩:

« クロオビフユナミシャク隠れの術 | Main | ヒメクロオビフユナミシャクか »