« モモブトスカシバの虫エイ | Main | ウスバフユシャクの隠れ場所 »

December 27, 2010

クロウスタビガ初令幼虫全滅

昨年、北海道の友人Nさんは、Rhodinia jankowskii hokkaidoensis Inoue, 1965 クロウスタビガ北海道亜種の採卵飼育に成功し、飼育羽化にこぎつけた。友人によると、新田信悟氏の「蛾類レポーツ」の飼育記録のような飼育苦労は少なく、「クロウスタビガの幼虫は飼育しやすかった」とのこと。昆虫飼育の達人である友人ならではのことと思う。飼育下手の私には参考にならない。これまで、私自身も長野県奈川村へ何度も行き、クロウスタビガ本州亜種の母蛾を採集し採卵を試みた。しかし、少数卵しか採卵できす、とうとう孵化しなかった。

友人は今年も母蛾から採卵し、卵の一部を11月中旬に送ってくれた。友人のアドバイスどおり、私は軒の下に卵を置き、来春の卵の孵化を心待ちにしていた。クロウスタビガの幼虫飼育は私の長年の夢である。それなのに、このところ忙しさにかまけて、クロウスタビガの卵のことなどすっかり忘れていた。

ところが、今日Nさんからモモブトスカシバの虫エイが届き、クロウスタビガの卵のことが急に気になった。様子を見に行ったところ、なんと黒い幼虫が孵化し、カラカラに干からびていたのである。しかも9頭も孵化している。こういう時に限って孵化率がいいんだから。そういえば、北海道では雪が降っているというのに、名古屋は12月とは思えないほど暖かい日が続いていた。12月に孵化してしまっても、少しも不思議ではない。卵を冷蔵庫に入れて保存すべきだったのかもしれないが、以前冷蔵庫で保存した九州産キイロトゲエダシャクの卵が、胚子が成長しながらも、遂に孵化しなかった苦い体験があったために、冷蔵庫保存に躊躇があった。
いずれにせよ、せっかく卵を送ってくれた友人には申し訳なく、泣きたい気分である。来年はキハダにつく野外の幼虫を見つけるしかないなあ。

|

« モモブトスカシバの虫エイ | Main | ウスバフユシャクの隠れ場所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クロウスタビガ初令幼虫全滅:

« モモブトスカシバの虫エイ | Main | ウスバフユシャクの隠れ場所 »