« ミノウスバの恋 | Main | 今年最初のフユシャク »

November 28, 2011

晩秋の定番幼虫

ここ数日、朝夕の冷え込みが厳しくなり、紅葉が目立つようになってきた。先週は2回ほど平和公園へ立ち寄ったが、フユシャクの姿は未だ見られず、専ら植物の実の写真ばかり撮りまくった。マユミの紅色の実や、ソヨゴ、ナンテン、モチノキの赤い実が色鮮やかで美しい。カラスウリの黄色い実の写真を撮ったついでに、枯れかかった葉を見たら、ウリキンウワバの幼虫が3頭いた。脱皮前らしく、表皮が浮いていた。キンウワバ類の幼虫のうちでも形態が面白い幼虫である。
写真:Anadevidia peponis (Fabricius, 1775)ウリキンウワバ 幼虫(体長約18mm)

2


この時期、幼虫が利用できる落葉広葉樹は少なくなっているが、カジノキは比較的遅くまで葉が残っている。公園などでは「駄木」として、伐採対象となりやすい木だが、養蚕盛んなりし頃には重要な有用木として珍重された。諏訪大社では、御神木として拝殿脇に植えられているほどである。カメムシ等が吸汁してボロボロになったカジノキの葉には、カクモンヒトリ中令幼虫が何頭もいた。幼虫は葉が落ちた後、樹幹で越冬する。
写真:Lemyra inaequalis inaequalis (Butler, 1879) カクモンヒトリ幼虫(体長約17mm)

Photo

今や世界中に繁殖するイタドリは、遅くまで葉を付けている植物だが、この葉にはオオタバコガ幼虫が多数いた。
雑食性のオオタバコガ幼虫は冬季でも見られる。
4
写真:Helicoverpa armigera armigera (Hübner, [1808])幼虫(体長約40mm)

2011年11月25日 名古屋市平和公園で撮影


|

« ミノウスバの恋 | Main | 今年最初のフユシャク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 晩秋の定番幼虫:

« ミノウスバの恋 | Main | 今年最初のフユシャク »