« ホウジャクの幼虫 | Main | ヒメジュウジナガカメムシ »

November 06, 2011

あれ、秋にツクシが・・・・

今日は雨が降ったり、止んだり・・・遠出も出来ず、自宅の周りを虫を探して一日中うろうろ。蛾の幼虫の方は、普通種ながら、リュウキュウキノカワガ(ヤマモモ葉裏)、ホシホウジャク(ヘクソカズラ摂食中)、アメリカシロヒトリ(クワの葉で集団営巣)を観察した。カメムシ類は、ヒメジュウジナガカメムシ(ガガイモ葉裏)とクサギカメムシ(ヤブデマリ葉上)を見た。

しかし、今日一番驚いたのは、ツクシである。2週間ほど前、自宅裏の河川敷では大々的な草刈が行われたのだが、今日よくよく見ると、草の間から季節はずれの黄緑色のツクシの姿があちこちに見られた。このところ、小春日和が続き、先日(11月2日)にはホタルガの出現という珍事もあった。マダラガ類の化成などはかなり幅があるので、遅目に蛹化した個体がこのところの暑さで、間違って羽化しても、それほど不思議なことでは無い。私にとって、季節外れのツクシの出現の方が驚きである。このツクシ、色も青く、卵とじにしてもあまり美味しくなさそう。
Photo_4
2011年11月6日 名古屋市東区で撮影

|

« ホウジャクの幼虫 | Main | ヒメジュウジナガカメムシ »

Comments

星谷さん、ご教示ありがとうございます。
実際に採取して、下記サイトで分類形質の検索をしたところ、スギナとイヌスギナの交配種であるフォーリースギナのようです。http://homepage2.nifty.com/syokubutu-kensaku/zukensaku011.html

Posted by: phasmid | November 15, 2011 09:06 PM

この記事を拝見して「へえ!」と驚いていたのですが、きょうイヌスギナという良く似た植物があることを知りました。スギナのツクシは葉緑体を持たないので淡褐色だそうですが、イヌスギナは栄養茎と胞子茎の区別がなく緑色をしているみたいです。なのでこのツクシの正体はイヌスギナという種類かも?

Posted by: 星谷 仁 | November 14, 2011 11:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あれ、秋にツクシが・・・・:

« ホウジャクの幼虫 | Main | ヒメジュウジナガカメムシ »