« ササキリ | Main | ヒメハサミツノカメムシ »

November 11, 2011

リュウキュウキノカワガの幼虫飼育

先日より、ずっと中断して来た幼虫飼育を再開した。手当たり次第幼虫を見つけては撮影しまくり、どんな普通種でも採集して嬉々として飼育する。まるで、緊急避難させていた自分自身をようやく取り戻したような思いである。
今日は生憎朝から雨模様。しかし、こんな日も幼虫屋はシャーレ内の幼虫の世話や、生態観察をする楽しみがある。先日採集したリュウキュウキノカワガの幼虫達の餌換えをしたところ、幼虫の数がいつの間にか増えていることに気づく。どうやら、食餌用として採ってきたヤマモモの新葉にも幼虫が付いていたらしい。

幼虫はヤマモモの新葉に色彩がそっくりで、葉裏の主脈の上にピッタリと静止すると、葉の一部にしか見えない。初めてリュウキュウキノカワガ終令幼虫を付近のヤママモで見つけた時、デジカメを持っていなかったので、急いで家へ取りに戻り、撮影しようとしたところ、つい先程目に入った幼虫がどうしても見つからない。日を改めて再度時間をかけて、幼虫のいたヤマモモの葉という葉を掻き分けて、ようやく見つけ出した覚えがある。シャーレ内で居ることがわかっているはずなのに、探し出すことに一苦労することすら。写真は飼育品で体長約18mm。
Photo_2

Risoba prominens Moore, 1881 リュウキュウキノカワガ中令幼虫  2011年11月11日 名古屋市東区で撮影

|

« ササキリ | Main | ヒメハサミツノカメムシ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リュウキュウキノカワガの幼虫飼育:

« ササキリ | Main | ヒメハサミツノカメムシ »