« November 2011 | Main

December 13, 2011

涙のホウジャク羽化

ケアマネ試験にも無事合格して、ようやく虫三昧の生活に戻れるかと喜んでいたら、発表日の翌日に大型封筒が到着。開けて見ると、実務研修の案内と受講証が・・・なんと、1月早々に研修が始まるという。合格の美酒に酔う間も無く、研修準備に躍起になっていた。

昨夜遅く、すっかり忘れていた飼育品のシャーレを見ると、なにやら黒っぽいものが見える。それは、11月12日に蛹化したホウジャクで、いつの間にか羽化していたらしい。幼虫の表皮に黒い傷があったので、てっきり寄生されているものと思い込み、小さなシャーレに蛹を入れてあったので、気の毒に羽化不全の上、背胸の鱗片も剥げてしまっていた。広くて立派な御殿?を準備して羽化を楽しみにしていると、ヤドリバエや寄生蜂が羽化したりする。どうせ駄目だろうと思って小さな容器に放置すると、こういう時に限って羽化する。全く思うようにならないものである。見る影も無い成虫写真だが、一応アップしたい。
Photo

Macroglossum stellatarum (Linnaeus, 1758) ホウジャク  2011年12月12日 飼育羽化を確認

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 08, 2011

黄葉に身を隠すツヤアオカメムシ

一昨日、平和公園を散歩した。サクラの葉は赤色が鮮やかになり、コナラやアベマキの葉は黄色や茶色に染まり、園内は静かな雰囲気だった。枯葉を踏みながら、林縁をゆっくり周っているうちに、クロスジフユエダシャクと思しき淡茶色の蛾が時折ゆっくりと飛ぶ。トウカエデの木の側を通り過ぎようとした時、連れ合いが「あれ、こんなところにカメムシが・・・」と、呼び止める。指差す方向には、体の半分を葉の間に隠してツヤアオカメムシが静止しておる。緑色の姿は、まるでトウカエデの葉の一部としか見えない。先日は、クサギの縮んだ枯葉の内に隠れていた本種を見た。地面に堆積した枯葉の間で越冬するのだろうか。それとも、もっと暖かい土地へ移動するのだろうか。なお、アオクサカメムシ、ミナミアオカメムシ、ツヤアオカメムシはよく似ている。『原色図鑑カメムシ百種』(川沢哲夫・河村満, 1977)に掲載されている識別点によって、ツヤアオカメムシと同定した。

Tsuyaao035


Glaucias subpunctatus (Walker) ツヤアオカメムシ 2011年12月6日 名古屋市平和公園で撮影

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2011

今年最初のフユシャク

今日は12月1日。昨日までの陽気と打って変わり、にわかに寒々しい冬模様となった。こんな日は薄暗くて幼虫も探しにくい。遠出をあきらめ、午後から飼育品の食草採取を兼ねて自宅周辺を周ってみた。ウリキンウワバ幼虫のためにキカラスウリ、カクモンヒトリ用にクワ、ゴマフリドクガ用にホルトノキ・・・状態の良い若葉を捜し歩いていると、足元からふわふわっと淡茶色の蛾が舞い上がった。この時期に、この飛び方といえば、フユシャク以外考えられない。夢中になって追いかけると、蛾は草叢の上に止まった。クロスジフユエダシャクだった。デジカメを接写モードにして、そっと近づき連写しまくった。なんとか撮れているようだったので、逃げられないうちにと、ビニール袋を被せて蛾を採集した。胸背の鱗片が剥げているので、羽化してから大分経っているようだ。自宅周辺では、ウスバフユシャクに比べてクロスジフユエダシャクは個体数が少ないので、思いがけない収穫で嬉しかった。
Kurosuji009

Pachyerannis obliquaria (Motschulsky, 1861) クロスジフユエダシャク♂ 名古屋市東区で撮影


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2011 | Main